主催公演

注目アーティスト

フォルクハルト・シュトイデ ヴァイオリンリサイタル

2021 6/12()

15:00開演

ウィーン・フィル・コンサートマスターが奏でる不朽の旋律

1994年弱冠23歳でウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就任。2000年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターに就任し、現在のウィーン・フィルの屋台骨として、まさに八面六臂の活躍をみせるフォルクハルト・シュトイデ。またオーケストラだけでなく、ソロにおいても繊細で歌心に溢れた演奏を聴かせ、多くのファンを魅了しています。そんなシュトイデが今回驚きのプログラムを届けてくれました。それは、なんといっても映画音楽の巨匠、ジョン・ウィリアムズ作品を取り上げていることです。2020年、ウィーン・フィルが本人を指揮者に招いて演奏し、世界中から喝采を贈られ、ライブCDが大ヒットしたのは記憶に新しいことです。その熱狂を再現するかのような選曲に期待は膨らみます。また、ポピュラー音楽的アプローチだけでなく、どっしりとしたソナタも2曲用意されており、クラシック音楽からオペラ、そして映画音楽まで幅広い音楽をお楽しみいただけると思います。ピアニストはウィーンに留学経験があり、ウィーン・フィル奏者から全幅の信頼を寄せられている三輪郁。シュトイデとの絶妙なアンサンブルにご期待ください。

チラシを見る

出演

フォルクハルト・シュトイデ(ヴァイオリン)
三輪郁(ピアノ)

曲目

▼グリーグ:ヴァイオリンソナタ 第1番 へ長調op.8
▼ジョン・ウィリアムズ:『シンドラーのリスト』から3つの小品
▼ジョン・ウィリアムズ:『サブリナ』のテーマ    
▼クルト・ヴァイル(シュテファン・フレンケル編):『三文オペラ』から7つの小品
▼ガーシュウィン(ヤッシャ・ハイフェッツ編): 『ポーギーとベス』から「サマータイム」
▼ドビュッシー:ヴァイオリンソナタ
▼クライスラー:ウィーン風狂詩的幻想曲

 

座席
  • 指定席
料金

一般/¥4,500(友の会会員/¥4,050)
学生(25歳以下)/¥1,500(限定数・当ホールのみのお取扱い)
*各種クレジットカード利用可

 

 

【発売日】

 友の会優先予約:2021年1月16日(土) 

 E-PHX優先予約:2021年1月18日(月)

 一般発売   :2021年1月19日(火)

 

主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

フォルクハルト・シュトイデ(Volkhard STEUDE/ヴァイオリン)
1971年ライプツィヒ生まれ。ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学にてヨアヒム・ショルツとヴェルナー・ショルツ教授の下で学ぶ。1993年グスタフ・マーラー・ユーゲントオーケストラの第1コンサートマスターに就任。1994年ベルリンの大学でディプローム取得の後、ウィーンに移り、アルフレート・シュタール教授の下で更に研鑽を積む。1994年11月ウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに弱冠23歳で就任。更に2000年からはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の第一コンサートマスターを務めている。日本にはトヨタ自動車主催による『トヨタ・マスター・プレイヤーズ・ウィーン』のコンサートマスターとしても度々来日しており、多くのファンを獲得している。室内楽にも熱心に取り組んでおり、2002年からはウィーン・フィルのメンバーで構成される室内楽アンサンブル、ウィーン・ヴィルトゥオーゼンのコンサートマスターも務めた。また同じく2002年にシュトイデ弦楽四重奏団が結成され、ウィーン楽友協会で定期演奏会を開催するほか、ヨーロッパ内及び日本で度々ツアーを行うなど、その活動は非常に注目を集めた。使用楽器は1718年製のアントニウス・ストラディヴァリウスで、オーストリア国立銀行より貸与されている。2016年4月広島交響楽団よりミュージック・パートナーの称号を授与された。

 

三輪郁(みわ・いく/ピアノ)

ウィーン国立音楽大学及び大学院修了。パルマ・ドーロ国際コンクール第1位。ドイツ・ドルトムント国際シューベルトコンクール、浜松国際ピアノコンクールなどで入賞。ウィーンで活動の他、東京においては2003年から2006年まで、ウィーン時代のモーツァルトに焦点をあてたコンサートシリーズ『4254日の奇蹟~ウィーンのモーツァルト』を企画開催し、大きな注目を集めた。また、ウィーン・フィルの首席奏者たちから大きな信頼を得ており、コンサートマスターのライナー・キュッヒル、ライナー・ホーネック、フォルクハルト・シュトイデ等と度々共演。さらにベルリン・フィルの首席奏者エマニュエル・パユ(フルート)、ラデク・バボラーク(ホルン)などと共演している。CDに「バルトーク:ピアノ作品集」「Miwa Iku-Schubert」「Mozartiana/Iku Miwa」など。それぞれ『レコード芸術』誌『特選盤』『準特選盤』に選ばれるなど好評を博している。2018年より山形大学学術研究院教授。