主催公演

ティータイムコンサート

今井信子presents ティモシー・リダウト&今井信子 ヴィオラデュオリサイタル

2021 1/22()

開演

世界のイマイが絶賛。

次代を担うスーパー・ヴィオリスト

ヴィオラの世界を牽引する今井信子に師事し、今、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍するティモシー・リダウト。2016年、世界3大ヴィオラコンクールの一つであるライオネル・ターティス国際ヴィオラコンクールでイギリス人として初めて優勝するなど、多くの国際コンクールで入賞を重ね、その才能を開花させています。今回のコンサートでは今井との豪華な師弟共演が実現。ヴィオラ二重奏による名曲をお届けするとともに、それぞれのソロ演奏も存分にお楽しみいただきます。是非、ご期待ください。

出演

ティモシー・リダウト、今井信子(以上ヴィオラ)

曲目

▼アラン・リダウト:はなのすきなうし
▼ブリッジ:2つのヴィオラのためのラメント
▼ターティス:2つのヴィオラのためのヘンデルのパッサカリアによる変奏曲
▼ルクレール:2つのヴァイオリンのためのソナタ集 より(ヴィオラによる演奏) ほか(予定)

座席
  • 指定席
料金

一般/¥3,500(友の会会員/¥3,150)
学生(25歳以下)/¥1,000(限定数・当ホールのみのお取扱い)
*各種クレジットカード利用可
*お茶お菓子サービス付

 

 ▼年間通し券/全7公演
一般価格/¥24,000 ⇒ 友の会会員価格/¥20,000(会員お一人様2席まで)
*通し券のご購入は、友の会にご入会いただくと大変お得です!

 

【発売日】
友の会優先予約:2019年11月30日(土)
E-PHX優先予約:2019年12月2日(月)
一般発売   :2019年12月3日(火)

 

主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
協力 モロゾフ株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

ティモシー・リダウト(Timothy Ridout/ヴィオラ)
1995年イギリス生まれ。ロイヤル・アカデミーでマーティン・アウトラムに師事。女王優秀賞を得て卒業。その後ドイツのクロンベルク・アカデミーへ行き、現在は今井信子、アントワン・タメスティ、タベア・ツィンマーマンに師事。2016年、英国人として初めてライオネル・ターティス国際ヴィオラコンクールで優勝、ヤング・クラシカル・アーティスツ・トラスト(YCAT)のアーティストに選出された。2014年にはセシル・アロノヴィッツ国際での優勝、2015年にはウィンザー音楽祭国際コンクールで第2位入賞。2017年チャンプス・ヒル・レーベルよりヴュータンのCDをリリースし、好評を得る。ベアーズ国際ヴァイオリン協会の貸与によりペレグリーノ・ディ・ザネットによる1565-75年製作の楽器を使用している。

 

 

今井信子(いまい・のぶこ/ヴィオラ)
桐朋学園大学卒業。イェール大学大学院、ジュリアード音楽院を経て、1967年ミュンヘン、68年ジュネーヴ両国際コンクールで最高位入賞。70年西ドイツ音楽功労賞受賞。ベルリン・フィル定期や小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラとのザルツブルク音楽祭出演など、世界の桧舞台で活躍を続けている。マルボロ、ラヴィニア、ヴェルビエなど世界各地の音楽祭にも頻繁に招かれている。2003年にはミケランジェロ弦楽四重奏団を結成、カルテットのメンバーとしても積極的な活動を展開している。日本では、1987年より東京カザルスホールの音楽アドヴァイザーを務めたほか、<カザルスホール・アンサンブル>、<ヴィオラスペース>などの企画・演奏に携わる。2011年4 月よりザ・フェニックスホール音楽アドヴァイザー。フィリップス、BIS、グラモフォンなどから40以上のCDをリリース。これまでにエイボン女性芸術賞、文化庁芸術選奨文部大臣賞、京都音楽賞、モービル音楽賞、毎日芸術賞、サントリー音楽賞を受賞。紫綬褒章、旭日小綬章受章。スイス在住。アムステルダム音楽院、クロンベルク・アカデミー、ソフィア王妃高等音楽院各教授。上野学園大学特任教授。北京中央音楽院客員教授。