共催公演

フェニックス・エヴォリューション・シリーズ

杉田恵理・東条慧 ヴィオラデュオリサイタル

2023 8/1()

19:00開演

~ヴィオラ2台のみでお届けする2時間~
大変珍しいヴィオラデュオの名曲を一挙に披露!深くあたたかく、また先鋭的でエネルギッシュなヴィオラアンサンブルの新たな可能性にご注目ください!

2020年のコロナ禍で対面の演奏ができず、室内楽に飢えていた私たちはベルリンで再会し、ヴィオラデュオを結成しました。楽譜を一緒に探し出し、たくさんの新しいレパートリーを練習し、ヴィオラデュオと言う大変珍しい編成で、2020年、2021年、2022年にベルリン、東京、山梨、神戸にて公演を開催しました。普段あまり聴く機会がないヴィオラデュオのオリジナル曲をはじめ、もともとヴァイオリンやピアノ、アルトサクソフォン、チェロのために書かれた曲をヴィオラ用に編曲した楽曲を取り上げ、多くのお客様から大変好評をいただけました。とてもマニアックな選曲ですが、ヴィオラの持つ深くあたたかい音色、エネルギッシュでパワフルな現代曲など、様々なヴィオラの魅力をお伝えできればと思っております。

出演

杉田恵理・東条慧(以上ヴィオラ)

曲目

▼ロッラ:ヴィオラデュオNo.2
▼フランク・ブリッジ:2つのヴィオラのためのラメント
▼ホーキンス:ジェスチャーズ
▼池辺晋一郎:バイヴァランスⅢ
▼ドルジーニン:シンフォニア(2つのヴィオラのためのデュオ)
▼イサン・ユン:Contemplation(2つのヴィオラのための)
▼バルトーク:44のデュオ(ヴィオラデュオ版)
▼ルトスワフスキ:牧歌集
▼ピアソラ:La Calle 92(92丁目通り)
▼ジョージ・ベンジャミン:ヴィオラヴィオラ 

 

座席
  • 自由席
料金

一般/¥3,000 (友の会会員/¥2,700)

学生/¥1,500

 

 

 

【発売日】

2023年5月発売予定

 

主催 杉田恵理・東条慧ヴィオラデュオリサイタル実行委員会
エマミュージックプロジェクト
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 杉田恵理・東条慧ヴィオラデュオリサイタル実行委員会
MAIL:eri.violaduo.kei@gmail.com

ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)

出演者について

杉田恵理(すぎた・えり/ヴィオラ)
神戸市出身。桐朋学園大学、クロンベルクアカデミー、ベルリン芸術大学、ハノーファー音楽大学卒業。クァルテット・ベルリン・トウキョウ創設メンバー。フィンランド放送交響楽団副首席奏者として活動した他、ゲスト首席奏者としてベルリン・コンツェルトハウス室内オーケストラ、大阪フィル、新日本フィル、メクレンブルク・シュターツカペレ等に出演。2012年ARDミュンヘン国際音楽コンクール特別賞受賞を皮切りに、オーランド国際弦楽四重奏コンクール優勝、シューベルトと現代音楽国際コンクール第3位、ニールセン国際室内楽コンクール第2位、京都青山音楽賞バロックザール賞等多数受賞。これまでにエクサンプロヴァンス音楽祭、オスロ室内楽、ハイデルベルクの春音楽祭等数々の音楽祭に出演。ソリストとして大阪フィル、フランクフルトシンフォニエッタ、フィルハーモニーバーデンバーデン、東京シティフィル等と共演。令和3年度坂井時忠音楽賞受賞。

 

 

東条慧(とうじょう・けい/ヴィオラ)
山梨県出身。ターティス(英・2位)、プリムローズ(米・特別賞)、ベートーヴェン(チェコ・2位)など国際ヴィオラコンクールで上位入賞。第 3 回東京国際ヴィオラコンクールでは第2位ほか、バッハ賞、聴衆賞、サントリー芸術財団賞受賞。パリ国立高等音楽院、ハンス・アイスラー音楽院、ベルリン芸術大学を卒業。ベルリンフィルハーモニー管弦楽団(カラヤン・アカデミー)、パリ管弦楽団、バイエルン放送交響楽団(客演首席)などにエキストラ出演する。ラ・フォル・ジュルネ音楽祭、小澤征爾スイス国際アカデミー、マルボロ音楽祭、ヴィオラスペースなど、国内外の音楽祭にも招待され幅広く活動している。ソリストとして兵庫芸術文化センター管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、ブルーノート東京にて上原ひろみらと共演。2021年から1年間デンマーク王立管弦楽団第1首席ヴィオラ奏者を務めたのち、現在契約団員としてデンマーク国立放送交響楽団にて第3首席を務める。