発売中

主催公演

ティータイムコンサート

ブリュノ・ドルプレール チェロリサイタル

2023 3/10()

14:00開演

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1ソロ・チェリスト初登場!

ブリュノ・ドルプレールさんは、2012年カール・ダヴィドフ国際チェロ・コンクール優勝、2013年マルクノイキルヘン国際器楽コンクール優勝など、数々のコンクールで優秀な成績を収めた俊英。2013年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1ソロ・チェリストに抜擢されました。しなやかで力強い演奏はソロや室内楽でも評価が高く、世界各地で演奏を重ねています。今回は3曲のチェロソナタを用意してザ・フェニックスホールに初登場。3曲とも、各作曲家がその楽器のために1曲だけ書いたとされる逸品。チェロならではの響きを堪能してください。

出演

ブリュノ・ドルプレール(チェロ)
ナタナエル・グーアン(ピアノ)

曲目

▼シューベルト:アルペジョーネソナタ イ短調 D821
▼プーランク:チェロソナタ FP.143
▼ショパン:チェロソナタ ト短調 op.65

(予定)

 

座席
  • 指定席
料金
発売中

一般/¥4,000(友の会会員/¥3,600)
学生(25歳以下)/¥1,000(限定数)
*お菓子サービス付

 

 

≪年間通し券/全7公演≫ 
一般価格/¥25,000 ⇒ 友の会会員価格/¥21,000(会員お一人様2席まで)
*年間通し券のご購入は、友の会にご入会いただくと大変お得です!

 

 

・年間通し券と学生券は当ホールチケットセンターのみ取扱い
・未就学児童の入場はご遠慮いただいております
・ホール主催公演のチケットはクレジットカードでご購入いただけます

 

 

 

【発売日】
友の会優先予約:2022年1月15日(土)
E-PHX優先予約:2022年1月17日(月)
 一般発売   :2022年1月18日(火)

 

主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
協力 モロゾフ株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホールチケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

ブリュノ・ドルプレール(Bruno Delepelaire/チェロ)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 第1ソロ・チェリスト
1989年生まれ。5歳よりエルワン・フォーレにチェロを学ぶ。2008年にパリのスコラ・カントルムを卒業し、翌年よりパリ国立高等音楽院でフィリップ・ミュレールに師事。2012年にベルリンへ移り、ベルリン芸術大学でイェンス・ペーター=マインツに、ベルリン・フィルハーモニー・カラヤン・アカデミーでルートヴィヒ・クヴァントに師事。また、ヴォルフガング・エマヌエル・シュミット、ウェン=シン・ヤン、ヴォルフガング・ベッチャーのマスタークラスを受講した。2012年カール・ダヴィドフ国際チェロ・コンクールおよび2013年マルクノイキルヘン国際器楽コンクールで優勝するなど、数々のコンクールで優秀な成績を収めている。また、ヴェルビエ祝祭管弦楽団、EUユース管弦楽団、グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団でオーケストラの経験を積む。2013年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の第1ソロ・チェリストに抜擢され、一躍話題となる。そのわずか数か月後には、セミヨン・ビシュコフのタクトでR.シュトラウス《ドン・キホーテ》のソリストを務めた。ソリストとして、ミュンヘン放送管弦楽団やロイトリンゲン・ヴェルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団等に客演している。室内楽でも精力的に活動し、カヴァティーナ弦楽四重奏団や「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」のメンバーを務める。ベルリン・ピアノ・クァルテットでは、フォーレ、シュニトケ、ブラームスを収録したアルバムを2016年ソニー・クラシカルからリリース、高評を得る。使用楽器は、マッテオ・ゴフリラー(カロリーナ・ブラベルク財団より貸与)。