主催公演

ティータイムコンサート

伊藤悠貴 チェロリサイタル

2021 10/1()

14:00開演

チェロの俊英、渾身のラフマニノフ!

伊藤悠貴は15歳で渡英し、王立音楽大学在学中にブラームス国際コンクール、およびイギリス最高峰として知られるウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで第1位を受賞した期待のチェリスト。プログラムは彼自身が最も得意とするオール・ラフマニノフです。伊藤は、演奏家としてだけでなく、指揮者、作編曲家、文筆家などの活動も目覚ましいマルチな才能の持ち主です。今回のプログラムにも彼自身が編曲した曲が多数含まれており、新たなラフマニノフの側面を魅せて/聴かせてくれるに違いありません。

出演

伊藤悠貴(チェロ)
渡邊智道(ピアノ)

曲目

▼ラフマニノフ:伊藤悠貴編による「6つの祷り」
 ・夜のしじま op.4-3
 ・マヒワの死に寄せて op.21-8
 ・弔いの鉄の鐘 “永遠の眠りがもたらす心の平安”(合唱交響曲「鐘」 op.35より)
 ・ここは素晴らしい op.21-7
 ・夢 op.38-5
 ・神の栄光(遺作)
▼ラフマニノフ:チェロソナタ ト短調 op.19 
 ほか(予定)

座席
  • 指定席
料金

一般/¥3,000(友の会会員/¥2,700)
学生(25歳以下)/¥1,000(限定数・当ホールのみのお取扱い)
*各種クレジットカード利用可
*お菓子サービス付

 

***年間通し券/全7公演*** 
一般価格/¥25,000 ⇒ 友の会会員価格/¥21,000(会員お一人様2席まで)
*通し券のご購入は、友の会にご入会いただくと大変お得です!

 

【発売日】

 友の会優先予約:2021年1月16日(土)

 E-PHX優先予約:2021年1月18日(月)

 一般発売   :2021年1月19日(火)

主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
協力 モロゾフ株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

伊藤悠貴(いとう・ゆうき/チェロ)
15歳で渡英。王立音楽大学在学中にブラームス国際コンクール、およびイギリス最高峰として知られるウィンザー祝祭国際弦楽コンクールで第1位を受賞。第2回フルニエ基金賞、第17回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。フィルハーモニア管弦楽団、クラーゲンフルト歌劇場管弦楽団、読売日本交響楽団など国内外の主要オーケストラや、小澤征爾、アシュケナージ、小林研一郎など世界的アーティストと共演を重ね、ウィグモア・ホールをはじめロンドン、パリ、ローマ、ミュンヘンなど欧州主要都市、北米、アジア、アフリカ各地のリサイタル、音楽祭に客演。ラフマニノフ作品、およびイギリス音楽の多分野にわたる研究と普及をライフワークとし、CDは「ラフマニノフ:チェロ作品全集」などをリリース。指揮者、作編曲家、ラジオパーソナリティ、文筆家しても活動し、2013年にロンドンでナイツブリッジ管弦楽団を創設。使用楽器は日本ヴァイオリンより貸与の1734年製ゴフリラー。

 

 

渡邊智道(わたなべ・ともみち/ピアノ)
東京を拠点に、協奏曲客演、独奏、伴奏、室内楽などの演奏活動を展開。2020年、雁部一浩、伊藤悠貴と共に、ロマン主義精神の技術による復興、伝承を標榜する「ロマン派芸術音楽協会」を設立。インターネットラジオ「伊藤悠貴/渡邊智道のロマン探求」を通じて音楽家同士の鼎談も積極的に公開するなど、その理念を発信する場も広げている。ニューヨーク・スタインウェイ製のピアノを管理する池の端スタジオを開講し、作曲、文筆においても活動。2019年、ディスクアート(発売元・コンフォート)より、1887年製ニューヨーク・スタインウェイ「ローズウッド」を使用したデビューアルバム「渡邊智道 バッハ&ショパン」をリリース。2020年4月より、演奏を生収録した月刊「池之端ライヴ」を発行。同時に、雑誌「六等星」の編集も行う。