発売中

協賛公演

音楽詩劇 『葵の上-業のゆくえ』

2021 1/23()

[昼の部]15:00  [夜の部]18:30開演

『源氏物語』に託す「愛の観想曲」と六条御息所を通して描く「魂の浄化」、この美しい世界に漂う奈良ゆみ

作曲家・松平頼則の独特な雰囲気を醸し出すモノオペラ『源氏物語』を歌う奈良ゆみに演出家・笈田ヨシがインスピレーションを受け六条御息所の舞台を創った。2016年パリで、2020年東京の山王オーディアムで公演され、絶賛された。この舞台は奈良ゆみを主役とし、ヴァイオリン、ヴィオラ、尺八で比類なき演奏をする亀井庸州と、静かな佇まいで筋立てを語る山村雅治とで六条御息所の愛の世界を描く。

出演

構成 演出:笈田ヨシ

テキスト:山村雅治

奈良ゆみ(ソプラノ)
亀井庸州(ヴァイオリン、ヴィオラ、尺八)
山村雅治(語り)

曲目

▼松平頼則作曲:

朗詠(ヴィオラソロ)、朧月夜に(アカペラ)、

世語りに(歌、ヴァイオリン、録音演奏、笙・筝、フルート)

おくとみる(歌、尺八)、影をのみ(歌、ヴァイオリン)、

美濃山(催馬楽)(歌、ヴァイオリン)、オマージュ(アカペラ)、

鈴鹿川(歌+ヴァイオリン)、嘆きわび(歌、尺八)、

鳥[ 迦陵頻 ]の急(歌、ヴァイオリン)

座席
  • 自由席
料金
発売中

一般前売 ¥5,000 → 友の会価格 ¥4,500

一般当日 ¥5,500 → 友の会価格 ¥4,950

学生前売・当日 ¥3,000

発売日 2020年11月02日(月)
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険(株)
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 ラ・プレイヤード企画 海老坂 武
090-5057-1211
nqg01636(at)nifty.com
※(at) は@に置き換えて下さい
備考