主催公演

ティータイムコンサート

ロータス・クァルテット with フィリップ・トーンドゥル

2020 10/30()

14:00開演

ドイツ拠点の本格派クァルテットと天才オーボイスト、奇跡の共演

ロータス・クァルテットは日本で結成され、クラシック音楽の本場ドイツで、第一線での活躍を25年以上も続ける唯一無二の本格派弦楽四重奏団。共演するのは若干18歳でシュトゥットガルト放送交響楽団首席オーボエ奏者に就任し、その後ミュンヘン国際音楽コンクールで優勝するなど天才の名を欲しいままにするフィリップ・トーンドゥル。この滅多にない組み合わせで演奏するのは双方が得意とするモーツァルトの弦楽五重奏曲。至上の音楽を堪能してください。

出演

小林幸子、マティアス・ノインドルフ(以上ヴァイオリン)
山𥔎智子(ヴィオラ)
齋藤千尋(チェロ)
フィリップ・トーンドゥル(オーボエ)

曲目

▼モーツァルト:弦楽四重奏曲 ハ長調 K157
▼チャイコフスキー:弦楽四重奏曲 第1番 ハ長調 op.11
▼武満徹:アントゥル=タン ~オーボエと弦楽四重奏のための(1986)
▼モーツァルト(P.トーンドゥル編):弦楽五重奏曲 第4番 ト短調 K516 (予定)

座席
  • 指定席
料金

一般/¥4,000(友の会会員/¥3,600)
学生(25歳以下)/¥1,000(限定数・当ホールのみのお取扱い)
*各種クレジットカード利用可
*お茶お菓子サービス付

 

▼年間通し券/全7公演
一般価格/¥24,000 ⇒ 友の会会員価格/¥20,000(会員お一人様2席まで)
*通し券のご購入は、友の会にご入会いただくと大変お得です!

 

【発売日】
友の会優先予約:2019年11月30日(土)
E-PHX優先予約:2019年12月2日(月)
一般発売   :2019年12月3日(火)

 

主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
協力 モロゾフ株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝・年末年始 休業)
備考

出演者について

 ロータス・カルテット(Lotus String Quartet/弦楽四重奏団)
1992年結成。1993年大阪国際室内楽コンクール第3位。1995年ドイツ・シュトゥットガルト音楽芸術大学に入学。メロス弦楽四重奏団に師事。1997年ドイツBDI音楽コンクール弦楽四重奏部門第1位。このコンクールにおける弦楽四重奏部門での第1位受賞は、メロス弦楽四重奏団以来の快挙。これを機にワーナー・テルデックと録音契約を結び、CDを世界にリリースする。ロータスQは日本発祥ながら、ドイツを本拠とする国際的な常設弦楽四重奏団として25年以上のキャリアを誇り、今やドイツにおける弦楽四重奏の伝統的精神を受け継ぐ稀有な存在である。

 

フィリップ・トーンドゥル(Philippe Tondre/オーボエ)
1989年フランス生まれ。パリ国立高等音楽院の学生であった18歳の時にシュトゥットガルト放送交響楽団首席オーボエ奏者に就任。2011年ミュンヘン国際音楽コンクール優勝。現在、シュトゥットガルトSWR交響楽団とヨーロッパ室内管弦楽団の首席オーボエ奏者を兼務、他に水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラなどにもメンバーとして参加している。