発売中

協賛公演

《冬のチェンバロ音楽祭2019》 トビリシ弦楽四重奏団

2019 12/2()

19:00開演

ハイドン、ショスタコーヴィチ、後半にはアザラシヴィリ先生の日本初演組曲

関西フィルのコンサート・マスター G.バブアゼさん率いるジョージア(旧グルジア)の首都の名を冠するカルテット。今回の演奏会に向け、メンバーより「20周年のアニヴァーサリーにハイドンとショスタコーヴィチの美しい名曲を、感謝をこめて」とのメッセージ。“あれ?結成20年記念は2018年の初頭に、すでに”と応えたところ、実は私たちの会の主催公演が、2000年冬から始まってまる20年、2度の東京公演を含め10数回目になることを指してのことと分かり、感慨一入です。思えば、初めてなのに懐かしいトビリシ弦楽四重奏団の尽きせぬ魅力を追求し続けた20年。冬のチェンバロ音楽祭が聴衆のみなさまに支えられ、続いてきた理由のひとつかも知れません。冬の夜にみなさまとジョージア・ワイン「ピロスマニ」で乾杯を!

出演

ギオルギ・バブアゼ、チプリアン・マリネスク(以上ヴァイオリン)、

ザザ・ゴグア(ヴィオラ)、

林 裕(チェロ)

曲目

▼ハイドン:弦楽四重奏曲第76番二短調「五度」op.76-2 Hob.Ⅲ-76

▼ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第10番変イ長調op.118

▼アザラシヴィリ:弦楽四重奏のための組曲“Picture of Old Tbilisi”“Four Dancing Pieces” 他

座席
  • 自由席
料金
発売中

一般前売 ¥3,500 → 友の会価格 ¥3,150(前売のみ・限定数)

一般当日 ¥4,000 

学生&25歳以下 ¥2,500

発売日 2019年09月24日(火)
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険(株)
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 冬のチェンバロの会 0742-34-2894
備考