発売中

主催公演

世界をリードする弦楽四重奏の響宴Vol.3
ドーリック・クァルテット

2019 11/3()

15:00開演

弛まぬ研究、考証を重ねた最先端のサウンド

≪第6回(2008年)コンクール第1位/イギリス≫

 

3年に一度開催される室内楽の祭典「大阪国際室内楽コンクール」。そこで入賞し、世界中で活躍を続ける弦楽四重奏が大阪に帰ってきます。大阪が輩出した世界レベルの弦楽四重奏を、ザ・フェニックスホールの贅沢な空間でお楽しみください

出演

アレックス・レディントン(ヴァイオリン)
イン・シュー(ヴァイオリン)
エレーネ・クレマン(ヴィオラ)
ジョン・マイヤースコウ(チェロ)

 

※第2ヴァイオリン奏者のジョナサン・ストーンさんが退団され、イン・シューさんが後任として新たに入団されました。

 

曲目

▼ハイドン:弦楽四重奏曲 ニ長調 「ひばり」 作品64-5
▼メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第6番 ヘ短調 作品80
▼ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第13番 変ロ長調 作品130 (大フーガ付き)

 

※メンバー交代による曲目の変更はございません。

座席
  • 指定席
料金
発売中

一般 ¥4,000 →友の会価格 ¥3,600
学生 ¥1,500

 

≪5公演セット券≫
一般 ¥17,000   →友の会価格 ¥15,000

 

*5公演セット券と学生券は当ホールチケットセンターのみ取扱い
*未就学児童の入場はご遠慮いただいております

 

【発売日】

 友の会優先予約:2019年1月18日(金)
 一般発売   :2019年1月22日(火)

主催 公益財団法人 日本室内楽振興財団
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協力 コジマ・コンサートマネジメント
後援 読売テレビ/読売新聞社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

ドーリック・クァルテット(Doric String Quartet/弦楽四重奏団)
イギリスの同世代で結成され、世界中の聴衆、批評家を魅了し、今最も注目されている四重奏団である。2007年メルボルン国際室内楽コンクールで入賞。2008年にはパオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクールで第2位。現在ではヨーロッパだけでなく、北米でも定期的に公演を行っている。ジョン・アダムスの弦楽四重奏とオーケストラ作品「Absolute Jest」を、作曲家の指揮で、ウィーン交響楽団やオランダ放送フィルと共演。2015年からはロンドン王立音楽院で後進の指導にもあたっている。