主催公演

注目アーティスト

伊東信宏 企画・構成 土と挑発:郷古 廉&加藤洋之 デュオリサイタル

2019 10/26()

15:00開演

indigenous/provocative: Bartók, Janáček and others

郷古廉さんのヴァイオリンは、数年前に聴いて、そのスケールの大きさにすっかり魅せられ、いつか演奏をお願いしたいと思ってきました。一方で加藤洋之さんは10年ほども前からデュオや独奏で、このザ・フェニックスホールに大きな足跡を残して来られました。
その二人がコンビを組み、バルトークのソナタとバッハの無伴奏を納めたCDが出た時、私はこの組み合わせに快哉を叫びました。郷古さんはしなやかで、加藤さんは構築的で、でも二人ともちょっと剣豪のような迫力があります。彼らの演奏は土俗性に根ざし、作品を、聴き手を挑発します。CDのシリーズは、バッハの6曲とバルトークの3曲が揃って一段落しましたが、彼らは次のシリーズも計画中とのこと。今回のプログラムでは、これまでのレパートリーの中の選りすぐり(バルトークのソナタ第1番)と、そして新たに挑戦するプーランクやヤナーチェクを組み合わせた、目の覚めるような演奏が聴けそうです。今もっともワクワクさせる二人の演奏をお楽しみください。
伊東信宏(大阪大学教授/あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール音楽アドヴァイザー)

出演

郷古 廉(ヴァイオリン)

加藤洋之(ピアノ)

曲目

▼ヤナーチェク:ヴァイオリンソナタ
▼プーランク:ヴァイオリンソナタ FP.119
▼イザイ:子供の夢 作品14
▼バルトーク:ヴァイオリンソナタ 第1番 Sz.75 BB84       (予定)

座席
  • 指定席
料金

一般 ¥3,500 →友の会価格 ¥3,150
学生 ¥1,000(限定数・電話予約可・当ホールのみのお取扱い)
*各種クレジットカード利用可

 

 

【発売日】
友の会優先予約:2019年5月24日(金)
E-PHX優先予約:2019年5月27日(月)
一般発売   :2019年5月28日(火)

主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考


≪事前レクチャー企画≫
講座「土と挑発:郷古 廉&加藤洋之デュオリサイタルに寄せて」
演奏会に先駆けて、この公演の魅力や作品の解説などをお話いただきます。

▼日時/ 2019年9月1日(日) 14:00開演予定
▼会場/ あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー 16階 大会議室
    ※ザ・フェニックスホールと同じ建物内です
▼入場料/ 500円

    ※「土と挑発」の演奏会チケットをご購入の方は無料です。<要申込み>
▼講師/ 伊東信宏(大阪大学教授)
▼定員/ 100名
▼受付開始日/ 一般:5月28日(火)   友の会:5月24日(金)

▼お申込み/ ザ・フェニックスホールチケットセンター


 

出演者について

郷古 廉(ごうこ・すなお/ヴァイオリン)

2013年8月ティボール・ヴァルガ シオン国際ヴァイオリンコンクール優勝ならびに聴衆賞・現代曲賞を受賞。現在、国内外で最も注目されている若手ヴァイオリニストのひとり。1993年生まれ。宮城県多賀城市出身。2006年第11回ユーディ・メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクール ジュニア部門第1位(史上最年少優勝)。デビュー以来各地のオーケストラと共演。《サイトウ・キネン・フェスティバル松本》でストラヴィンスキー作曲「兵士の物語」に出演したほか、《東京・春・音楽祭》にも招かれている。また2017年より3年かけてベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全曲を演奏するシリーズにも取り組む。現在、ウィーンで研鑽を積みながら、ドイツ、フランス、スペインなどヨーロッパにおいても演奏機会を増やしている。これまでに勅使河原真実、ゲルハルト・ボッセ、辰巳明子、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。ジャン・ジャック・カントロフ、アナ・チュマチェンコの各氏のマスタークラスを受ける。2017年11月にはEXTONレーベル第3弾となるバッハとバルトークの作品集をリリースした。使用楽器は1682年製アントニオ・ストラディヴァリ(Banat)。個人の所有者の厚意により貸与される。2019年第29回出光音楽賞受賞。

 

 

加藤洋之(かとう・ひろし/ピアノ)

東京藝術大学附属音楽高校を経て同大学器楽科を卒業。学内で「安宅賞」を受賞する。 同大学院在学中の1990年にジュネーヴ国際音楽コンクール第3位入賞後、ハンガリー国立リスト音楽院に留学し、イシュトヴァン・ラントシュ氏に師事、1996年よりケルンに移り、パヴェル・ギリロフ氏に師事した。1993年にルセ国際音楽祭でブルガリア国立放送響と協演した後、ブダペスト・フィル、スウェーデン・ヘルシンボリ響の定期公演への出演、 ハンガリー国立響、日本フィルなど内外のオーケストラと協演し、現在までドイツ各地や、 イタリア、スイス、オーストリア、ベルギー、スペイン、チェコなどでソリスト、室内楽奏者として多岐にわたる演奏活動を続けている。ウィーン・フィル第1コンサートマスターのライナー・キュッヒル氏とは、1999年から現在まで、デュオ・パートナーとして国内外で数多くの公演を重ねてきた。2002年12月のウィグモア・ホール(ロンドン)でのコンサートは“The Times”紙上で絶賛された。 また、2010年6月にはウィーン芸術週間に出演、3日間に亘るベートーヴェンの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」全曲演奏会がウィーン楽友協会において開催され、大成功を収めた。