協賛公演

《冬のチェンバロ音楽祭2018》   
コントラバス讃歌 ―コントラバス四重奏団―

2018 12/9()

14:00開演

東西の名手4人が奏でる「熱い重低音の魅力」

関西出身の東西のコントラバスの名手4人が集結。それぞれが独奏、東西チームに分かれてのデュエット、そしてもちろんカルテット!という多彩なプログラムで楽しんで頂きます。普段オーケストラでは他の楽器どうしの音を溶けあわせ、下から支え、まとめ、包み込む音色を創りだしているコントラバス。首席奏者はもう一人のコンサート・マスターともいわれますが、他の楽器と交えない演奏を聴く機会はあまりありません。個性豊かな、ちょっと不思議な音の世界に身を置いてみませんか。12月の街にコントラバスはよく似合うのです。

出演

吉田 秀、黒川冬貴、村田和幸、瀬 泰幸(以上コントラバス) 

曲目

▼ビゼー(文屋充徳編):カルメン組曲        
▼M・ワインベルク:無伴奏ソナタより第1、4楽章     
▼B・ロンベルグ:二重奏ソナタ 作品43-1         
▼M・ガイドシュ:カプリチオ 第2番
▼D・エリス: 無伴奏ソナタ
▼D・アンダーソン:7つのデュエットより
▼J・フランセ:テーマとヴァリエーションより
▼J・S・バッハ:シャコンヌ

座席
  • 自由席
料金

一般 ¥4,000 → 友の会価格 ¥3,600(前売のみ・限定数)

学生&25歳以下 ¥2,500

発売日 2018年09月28日(金)
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険(株)
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 冬のチェンバロの会 0742-34-2894