発売中

主催公演

注目アーティスト

ケイト・リウ ピアノリサイタル

2017 11/9()

19:00開演

第17回ショパン国際ピアノコンクール第3位!

世界が焦がれる女神(ミューズ)の誕生

第17回(2015年)ショパン国際ピアノコンクールでポーランドの審査員から誰よりも高い評価を受けていたケイト・リウ。テクニックだけではなく、その叙情性豊かな演奏が聴く者の胸に響いてきます。ショパンの作品が持っている純粋な音楽性を、瑞々しくありのままに表現する彼女の演奏は、完成形というより、まだこの先を楽しみにさせてくれます。これからもっと大きな世界に向けてどのように羽ばたくのか、現在進行形の進化する“今”をお聞きください。

出演

ケイト・リウ(ピアノ)

曲目

▼ショパン:3つのマズルカ 作品56、ピアノソナタ 第2番 変ロ短調 作品35

      アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22 

▼ブラームス:4つのバラード 作品10 (予定)

座席
  • 指定席
料金
発売中

一般 ¥3,500 →友の会価格 ¥3,150

学生 ¥1,000(限定数・電話予約可・当ホールのみのお取扱い)

*各種クレジットカード利用可

発売日 ●友の会優先予約:2017年5月19日(金)    ●E-PHX優先予約:2017年5月22日(月)    ●一般発売:2017年5月23日(火)
主催 あいおいニッセイ同和損害保険(株) 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設(株)
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

ケイト・リウ(Kate Liu/ピアノ)
2015年、第17回ショパン国際ピアノコンクール第3位、マズルカ賞受賞。1994年シンガポールに生まれたケイト・リウは、シカゴ音楽院で、アラン・チョウ、ミカ・ユイ、エミリオ・デル・ロザリオの下に学んだ。現在は、カーティス音楽院でロバート・マクドナルドの下で研鑽を積んでいる。これまでに、第3回アジア・パシフィック国際ショパンピアノコンクール、モントリオール国際音楽コンクール、イーストマン音楽学校の国際ピアノコンクール、ヒルトンヘッド国際ピアノコンクール、オバーリンのトーマス&イヴォン・クーパー国際コンクール、ニューヨーク国際ピアノコンクール、全米ピアノ指導者協会コンクール、ルイジアナ国際コンクールなど、数多くのコンクールで入賞している。アメリカのショパン財団から奨学金を授与されており、これまでにニューヨーク(カーネギー・ホール、サブカルチャー・アーツ・アンダーグラウンド、サルマガンディ・クラブ、エマヌエル寺院など)、ワシントン(ケネディー・センター、フィリップス・コレクションなど)、テレビ番組(シカゴWTTW放送)、ラジオ番組(アメリカン・パブリック・ラジオの番組「フロム・ザ・トップ」、シカゴWFMT放送の番組など)でリサイタルを行っている。シカゴ・シンフォニー・センターでは、ラン・ランとの共演で、シューベルトの幻想曲へ短調を連弾した。共演したオーケストラとしては、クリーヴランド、モントリオール、ヒルトンヘッド、エヴァンストン、スコーキー・ヴァリー、ロチェスター、テグ(韓国)の各オーケストラがある。