販売終了

主催公演

Kansai Soloists & Ensembles

Osaka Guitar Summer 2021
<福田進一と仲間たち vol.11>
福田進一&大萩康司 ジョイントリサイタル

2021 8/29()

16:00開演

テーマは「バロック〜ネオ・バロック」
バロック作品またはバロック風の近現代の作品を特集します

guitar_logoOsaka Guitar Summer 2021の2日間を締めくくるメインコンサート、昨年は感染症拡大の影響により中止となってしまったので、予定していたプログラムを変えずに開催いたします。福田進一さんの愛弟子・大萩康司さんを迎えてお贈りする今回の演奏会のテーマは「バロック〜ネオ・バロック」。バロック作品またはバロック風の近現代の作品を特集します。

 

出演

福田進一、大萩康司(以上ギター)

曲目

《ソロ/福田進一》
 ▼ロドリゴ:遥かなるサラバンダ(ルイス・ミラン讃歌)
 ▼ヴィラ=ロボス:ガヴォット・ショーロ
 ▼菅野祐悟:幸福の硬貨〜映画「マチネの終わりに」より
 ▼ ポンセ:スペインのフォリアによる変奏曲とフーガ(抜粋)

《ソロ/大萩康司》
 ▼バリオス:大聖堂
 ▼ブローウェル :ラ・グラン・サラバンダ(Ver.2019)

《デュオ/福田&大萩》
 ▼テデスコ:エレジー風フーガ(1967/イダ・プレストの思い出に)
 ▼ヘンデル(ラゴヤ編) :シャコンヌ ト長調 HWV435
 ▼テデスコ:カノン風ソナチネ    (予定)

座席
  • 指定席
料金
販売終了

一般/¥4,000(友の会会員/¥3,600)
学生(25歳以下)/¥1,000(限定数・当ホールのみのお取扱い)

※前売り券は予定枚数に達したため販売を停止しております。(2021年4月30日)
 追加販売、当日券については未定です。
 決まり次第ホームページでお知らせいたします。

 

 


***お得な『2日間セット券』*** 

一般/¥6,000 ( 友の会会員/¥5,400)
 ※会員お一人様2席まで
 ※当ホールのみのお取り扱い

Osaka Guitar Summer 2021の2日間をお楽しみいただけるお得なセット券です。
個別購入より500円お得になります!

※『2日間セット券』の販売は停止しております。
(『ギター・ア・ラ・カルト』及び『公開マスタークラス聴講&修了コンサート』の単独チケットは、引き続き販売しております。)

 

 

発売日 2021年03月09日(火)
主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)

出演者について

福田進一(ふくだ・しんいち/ギター) 
大阪生まれ。1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝。以後約40年に亘り、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協演、超一流ソリストとの共演を続け、ボーダーレスな音楽への姿勢は世界中のファンを魅了している。 2019年は、3月にモスクワにて国立スヴェトラーノフ交響楽団と武満徹<虹に向かってパルマ>をロシア初演。9月に作曲家L.ブローウェルと共に台北国際ギターフェスティバルに参加。また11月公開の映画「マチネの終わりに」(監督:西谷弘、主演:福山雅治、原作:平野啓一郎)では、クラシックギター監修を務めた。ディスコグラフィーは既に100タイトルを超える。2021年は、新録音「バロック・クロニクルズ2」や、過去の秘蔵音源によるCDの発売が予定されている。
平成19年度「外務大臣表彰」受賞。平成23年度芸術選奨「文部科学大臣賞」受賞。 

 

 

 

大萩康司(おおはぎ・やすじ/ギター)
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。ハバナ国際ギター・コンクール第2位、合わせて審査員特別賞「レオ・ブローウェル賞」を受賞。その後イタリアのキジアーナ音楽院で学び、4年連続最優秀ディプロマを取得。これまでにNHK「トップランナー」「ららら♪クラシック」やMBS「情熱大陸」、テレビ朝日「題名のない音楽会」等メディアへの出演多数。日本における代表的な音楽祭のほか、モスクワ、コロンビア、台湾等海外の国際フェスティバルにも定期的に招かれている。第6回ホテルオークラ音楽賞、第18回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。