共催公演

フェニックス・エヴォリューション・シリーズ

會田瑞樹 ヴィブラフォン ソロリサイタル in OSAKA

2020 2/15()

15:00開演

出演

會田瑞樹(ヴィブラフォン・打楽器)

 

曲目

▼薮田翔一:Billow2
▼木下正道:海の手3  
▼佐原詩音:玉虫の翅、その結び
▼糀場富美子:ねむりの海へ  ほか(予定)

料金

一般前売 ¥2,500 →友の会価格 ¥2,250

一般当日 ¥3,000 →友の会価格 ¥2,700

学生(大学生以下)前売 ¥1,000 

学生(大学生以下)当日 ¥1,500

 

【発売日】
 友の会優先予約:2019年9月27日(金)
 E-PHX優先予約:2019年9月30日(月)
 一般発売   :2019年10月1日(火)

 

主催 會田瑞樹(事務局)
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 會田瑞樹(事務局)
080-6008-1297

出演者について

會田瑞樹(あいた・みずき/ヴィブラフォン・打楽器)
打楽器奏者。1988年宮城県仙台市生まれ。宮城県仙台第二高等学校を経て武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。佐々木祥、星律子、吉原すみれ、神谷百子、有賀誠門、藤本隆文の各氏に師事。学部3年次に日本現代音楽協会主催第9回現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅸ」において第2位入賞。
2016年NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」において會田の演奏を1時間に渡って特集した「打楽器百花繚乱 —Percussion Extraordinaire Mizuki Aita—」全国放送は現代音楽コンテンツの中でも異例の好評を博し再放送が続いている。これまでに3枚のアルバム『with…』(朝日新聞推薦盤)『ヴィブラフォンのあるところ』(レコード芸術特選盤)『五線紙上の恋人』(レコード芸術準特選盤)を発表しいずれも高い評価を得た。打楽器のための新しいレパートリーの発展を活動の中心に据え、これまでに150作品以上の新作初演を手がけている。
2018年は薮田翔一氏の新作協奏曲初演を皮切りに、ISCM(国際現代音楽協会)世界音楽の日・北京大会において国枝春恵作品を中国国家交響楽団と共演し再演、7月には国際交流基金アジアセンター主催事業「Notes」にアーティストとしてインドネシアへ訪問し自作初演を行うなど、国境やジャンルの垣根を越えた幅広い音楽活動が期待されている。
ホームページhttp://mizukiaita.tabigeinin.com