協賛公演

“時の終わりのための音楽”

2019 9/30()

19:00開演

このコンサートのプログラムは、いつまでも人類の教訓となるべき戦争、生と死がテーマになっています。

このコンサートのプログラムは、19世紀から20世紀への変わり目の激動の時代にフォーカスしています。それは現在に通じるものもあり、当時は誰もその危険性に気がついてませんでしたが、いつまでも人類の教訓となるべき戦争につながりました。そこに生と死が共通のテーマになっています。

出演

ディルク・アルトマン(クラリネット/シュトゥットガルトSWR交響楽団首席)

白井 圭(ヴァイオリン)

横坂 源(チェロ)

岡本麻子(ピアノ)

曲目

▼ラヴェル:ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
▼マーラー(M・ウッキ編):「子供の魔法の角笛」より

 “ラインの伝説”、“むだな骨折り”、“塔の中の囚人の歌”、

 「亡き子をしのぶ歌」より

 “ふと私は思う、あの子たちはちょっと出かけただけなのだと”、

 リュッケルト歌曲集より「私はこの世に捨てられて」
▼メシアン:世の終わりのための四重奏曲

座席
  • 指定席
料金

¥5,000 → 友の会価格 ¥4,500(前売のみ)

発売日 2019年05月14日(火)
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険(株)
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 KCMチケットサービス 0570-00-8255
備考