主催公演

Kansai Soloists & Ensembles

【聴講】Osaka Guitar Summer 2019
福田進一とエドゥアルド・フェルナンデスによる公開マスタークラス

2019 8/24()

13:00開演

guitar_logo世界で活躍するギタリスト福田進一とエドゥアルド・フェルナンデスが、プロを目指す若きギタリストを指導するマスタークラスの様子を一般に公開いたします。
一般の方にギター演奏や音楽作りの楽しさに触れていただくことを目的としており、ギターを勉強されている方にも大変有意義な機会となることでしょう。聴講は無料です(要入場券)。みなさまのご来場をお待ちしています。



聴講のお申込み2019年7月26日(金)10:00より受付いたします。

出演

■講 師: 福田進一・エドゥアルド・フェルナンデス

■受講生: 田中励、森田莉子、閑喜弦介、深澤太一&山口莉奈

■通 訳: 岩崎慎一

曲目

エミリア・ジュリアーニ=グリエルミ:メルカダンテの主題と変奏 op.9

ブローウェル:黒いデカメロン 第1・3楽章

M.M.ポンセ:主題、変奏と終曲

ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 第2楽章

座席
  • 自由席
料金

無料(要・入場券)

※お一人様2枚までお申込みいただけます。

※未就学児入場不可。


[お申込み方法]
■電話  ザ・フェニックスホールチケットセンター
    TEL 06-6363-7999(平日10~17時/土日祝日休業)

■FAX  専用の申込用紙に必要事項をご記入のうえ送信ください。

    FAX 06-6363-1124

■WEB こちらからお申込みください。(フォームが開きます。)

 

※ 2019年7月26日(金) 10:00より受付いたします。

主催 あいおいニッセイ同和損害保険(株) 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
サントリービバレッジソリューション株式会社
現代ギター社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)

出演者について

 公開マスタークラス講師 

 

福田進一(ふくだ・しんいち/ギター)

大阪生まれ。パリ・エコール・ノルマル音楽院を首席で卒業。1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝、さらに内外で輝かしい賞歴を重ねた。以後35年、ソロリサイタル、主要オーケストラとの協奏曲、超一流ソリストとの共演を続け、日本を代表するギタリストとして国際的な評価を獲得。
教育活動にも力を注ぎ、その門下から鈴木大介、村治佳織、大萩康司といったギター界の実力派スターたちを輩出している。現在、上海音楽院、大阪音楽大学、広島エリザベト音楽大学、昭和音楽大学の客員教授を務める。
ディスコグラフィーは、すでに90枚を超え、2014年からナクソス・レコードより「日本のギター作品集」シリーズをワールドワイドでスタート。2007年度外務大臣表彰。2011年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。東京国際、イタリア・アレッサンドリア国際、GFA(全米)国際、ポーランド・ヴロツワフ・ギターマスターズなど、名だたる国際ギターコンクールの審査員を歴任。

 

 

 

エドゥアルド・フェルナンデス(Eduardo Fernández・ギター)

1952年ウルグアイ生まれ。世界トップギタリストの一人。1972年のポルト・アレグレ国際ギターコンクール(ブラジル)、1975年のパリ国際ギターコンクール(フランス)で入賞、1975年のアンドレス・セゴビア国際ギターコンクール(スペイン)で1位となる。そのほか数々の国際コンクールで入賞する。デッカ、エラート、DENONなどで多数のCDを制作。バッハから現代音楽まで幅広く、ベリオのSequenza XIなど世界初録音の作品も多い。また古楽器に関する造詣も深く、しばしば19世紀のピリオド楽器を使用して演奏する。モンテヴィデオ音楽大学で数年間教鞭をとるなど後進の教育にも熱心に取り組み、世界中のマスタークラスや講座に招かれている。ISCM(国際現代音楽協会)ウルグアイ支部の役員を2年間務める。モンテヴィデオ国際ギターフェスティバル(1996-2000)、コロンビア・ボゴタ国際ギター週間(2000~)の芸術監督を務める。