発売中

協賛公演

小峰航一(ヴィオラ/京都市交響楽団首席奏者)
“ヴィオラが演ずるロメオとジュリエット!”

2019 7/30()

19:00開演

京響首席ヴィオラ奏者でザ・フェニックスホールでもおなじみの「関西弦楽四重奏団」のメンバーでもある小峰航一がヴィオラ演奏の可能性を追究する。往年の名ヴィオリスト プリムローズの編曲やブラームスの傑作のみならず、本来バレエのための管弦楽曲でプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」の物語を”ヴィオラ”で演じる!

出演

小峰航一(ヴィオラ)、岸本雅美(ピアノ)

曲目

▼ベートーヴェン(プリムローズ編):ノットゥルノ(夜想曲)op.42
▼ブラームス:ヴィオラソナタ第2番変ホ長調 op.120-2
▼ストラヴィンスキー:悲歌
▼プロコフィエフ(ボリソフスキー編):『ロメオとジュリエット』より

序曲、”少女ジュリエット”、”騎士の踊り”、”マーキュシオ”、

”ローレンス僧庵でのロメオとジュリエット”、”ジュリエットの死”

座席
  • 指定席
料金
発売中

一般 ¥3,000 → 友の会価格 ¥2,700(前売のみ)

発売日 2019年03月05日(火)
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険(株)
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 KCMチケットサービス 0570-00-8255
備考