共催公演

フェニックス・エヴォリューション・シリーズ

中谷政文 ピアノリサイタル ~エクレクティシズム~

2019 5/18()

15:00開演

作曲家がハーモニーに込めた思い
~文学、宗教、そして民族性を探求する音の旅~

 音楽は主に旋律、リズム、和声の3要素により成り立っていますが、私はこの中でも特に和声の美しさに心を奪われます。和声の移り変わりに耳を澄ましていますと、そこには、安らぎ、驚き、苦悩、期待、怒り、歓喜、絶望など、人間が人生の中で体験し得るありとあらゆる感情が混在しているのを感じることが出来ます。巷ではよくクラシック音楽=癒しという図式が取り沙汰されますが、単にそういった一側面だけではなく、たとえ数分間の曲の中にもそういった濃密な感情が入り交り、何か大きな物語を追体験しているような感覚にとらわれます。
 今回演奏する作曲家は、各人とも固有の思想をもち、私たちに様々な物語を語り掛けてくれます。ラフマニノフではゲーテ「ファウスト」の戯曲を基にした文学的な世界を、フランクでは西洋の大聖堂で孤独に佇むオルガニストの姿を、エネスクでは狂乱的な民族の踊りを、そして最後のストラヴィンスキーではロシアの童話「火の鳥」より魔王との決闘から、勝利でカタルシスに浸る歓喜のシーンを表現いたします。たくさんの方にご来聴いただき、率直なご感想をお聞かせ願えればうれしく思います。

出演

中谷政文(ピアノ)

曲目

▼ペルト:アリーナのために
▼ラフマニノフ:ピアノソナタ 第1番 ニ短調 作品28
▼フランク(バウアー編):前奏曲、フーガと変奏曲 作品18
▼グリンカ(バラキレフ編):ひばり
▼エネスク:ルーマニア狂詩曲 第1番 イ長調 作品11-1
▼ストラヴィンスキー(アゴスティ編):バレエ組曲 「火の鳥」

座席
  • 自由席
料金

一般前売 ¥3,000 →友の会価格 ¥2,700

一般当日 ¥3,500 →友の会価格 ¥3,150

学生前売 ¥2,000

学生当日 ¥2,500

※学生券は25歳以下対象

※友の会割引は無制限

 

【発売日】

 友の会優先予約:2018年11月23日(金・祝)

 E-PHX優先予約:2018年11月26日(月)

 一般発売   :2018年11月27日(火)

主催 中谷政文・コンサート事務局
協賛 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
問い合わせ先 中谷政文・コンサート事務局
090-3923-0403(小畠)
090-6067-1132(中谷)
smnhsk@yahoo.co.jp

ザ・フェニックスホール チケットセンター 
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

中谷政文(ピアノ)

和歌山市生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を卒業。2008年より渡米し、インディアナ州立大学ジェイコブ音楽学部修士課程修了。その後マイアミ大学フロスト音楽学部博士課程に所属し、ティ-チングアシスタントを務め、2017年に論文「The Effect of the Developing Variation Technique on Brahms’Early Piano Solo Works in the Form of Theme and Variations」に於いて博士号を取得し卒業。

第48回全日本学生音楽コンクール全国大会小学校の部第1位、並びに野村賞受賞。第22回マルサラ市国際ピアノコンクールにおいてファイナリストディプロマを授与される。第8回ソフィア国際ピアノコンクール“アルベール・ルーセル”において第1位ならびにY.Boukoff 賞を受賞。第27回ウィリアム・カペル国際ピアノコンクールにおいてThe Martha M. Boucher Memorial Prize 受賞。New Orleans Piano Instituteのピアノ協奏曲コンクールで第1位を受賞、ラフマニノフピアノ協奏曲第3番を New Orleans Civic Orchestraと共演。現在、Y.A.ミュージックアカデミー講師。これまでにピアノを小畠時栄、出口美智子、中野慶理、田代慎之介、角野裕、大野眞嗣、練木繁夫、サンティアゴ・ロドリゲス、高尾直子の各氏に師事。