発売中

主催公演

ティータイムコンサート

ホルショフスキ・トリオ

2018 11/9()

14:00開演

ホルショフスキの最後の弟子、相沢吏江子率いる至高のピアノトリオ。

ニューヨークを拠点に世界で活躍するホルショフスキ・トリオ、久々の来日公演。ピアノの相沢さんは宝塚市出身で、10代の半ばからアメリカに渡り研鑽を積んできた逸材。シューマンをメインに、アメリカのロマン派時代の作曲家フット、現代作曲家ウォリネンの濃密な作品も紹介。トリオの面白さを存分にお楽しみください。

出演

ジェシー・ミルス(ヴァイオリン)

ラーマン・ラマクリシュナン(チェロ)

相沢吏江子(ピアノ)

曲目

▼ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト長調 「ハンガリー風ロンド」 Hob.ⅩⅤ-25
▼C・ウォリネン:ピアノ三重奏曲(1983)
▼A・フット:ピアノ三重奏曲 第2番 変ロ長調 作品65
▼シューマン:ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品63 (予定)

座席
  • 指定席
料金
発売中

一般 ¥4,000 →友の会価格 ¥3,600

学生 ¥1,000(限定数・電話予約可・当ホールのみのお取扱い)

*各種クレジットカード利用可

*ドリンク・お菓子のサービスつき

 

【年間通し券/全7公演】 

 通し券のご購入は、友の会にご入会いただくと大変お得です!

 一般価格 ¥22,000 ⇒ 友の会価格 ¥18,000(会員お一人様2席まで)

 

【発売日】

 友の会優先予約:2017年11月25日(土)

 E-PHX優先予約:2017年11月27日(月)

 一般発売   :2017年11月28日(火)

 

主催 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール
協賛 鹿島建設株式会社
協力 モロゾフ株式会社
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

(C)LISA-MARIE MAZZUCCO

ホルショフスキ・トリオ(Horszowski Trio/ピアノ三重奏)
ヴァイオリンのジェシー・ミルスは、録音作品が二度、グラミー賞にノミネートされたことをはじめ、作曲と編曲のほか、チック・コリアや小曽根 真とも共演するなどクラシック以外でも活躍。チェロのラーマン・ラマクリシュナンは、ハーバード大学で物理を専攻。卒業後は本格的に音楽に専念し、室内楽界での高い地位を築き上げた。ピアノの相沢吏江子は、内田光子の推薦で、13歳の時、カザルスホールでアレクサンダー・シュナイダーと共演。ニューヨーク・タイムズに「深い感銘を与える才能」と評され、各地で高い評価を得ている。 
2011年、偉大なピアニスト、ホルショフスキへの敬意の元、未亡人の賛同と支援を得てトリオの結成が決定した。相沢は、カーティス音楽院で彼の最後の弟子でもある。彼らのレパートリーは、伝統的な作品から難曲の現代作品まで幅広い。また、ホルショフスキ自身が交流を持っていた、ラヴェル、フォーレ、そしてサン=サーンス、ヴィラ=ロボス、マルティヌー、グラナドスといった作曲家の作品も積極的に取り上げている。