当日券は13:00より販売いたします。

公演終了

主催公演

ティータイムコンサート

今井信子presents 
ウェンティン・カン無伴奏ヴィオラリサイタル

2016 1/29()

14:00開演

写真 ウェンティン・カン

東京国際ヴィオラコンクール制覇。
中国生まれの俊才の、独壇場。

ウェンティンの音楽は、2年半前の第2回東京国際ヴィオラコンクールで優勝して以来、目覚ましい成長を続けています。生来の初々しさに加え、自身の主張と音楽観がより明確になり、演奏に貫禄が出てきました。ある日レッスンの後に、彼女が「先生のためにどうしても弾きたい曲があります。私にとってバッハは日常の糧であり、音楽家として生きて行く究極の目的なんです。」といってバッハを聴かせてくれました。ホールのお客様にも彼女からのプレゼントをぜひ受け取って頂きたいと思います。音楽にひたむきな彼女に心からの声援を送ります。
今井信子(あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール音楽アドヴァイザー)

チラシを見る

出演

ウェンティン・カン(ヴィオラ)

曲目

▼テレマン:無伴奏ヴィオラのための12の幻想曲 第5番 ニ長調  TWV40:18、
第1番  変ホ長調  TWV40:14、第7番  変イ長調  TWV40:20
(原曲:無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲  第5番  イ長調   TWV40:18、
第1番  変ロ長調、第7番  変ホ長調   TWV40:20)

▼J・S・バッハ:無伴奏ヴィオラ・ソナタ   第1番   ハ短調  BWV1001
(同:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ   第1番 ト短調  BWV1001)
▼J・S・バッハ:無伴奏ヴィオラ・パルティータ  第1番  ホ短調  BWV1002※
(同:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ  第1番  ロ短調  BWV1002※)
▼今井信子編/ブリテン:無伴奏ヴィオラ組曲 第1番
(同:無伴奏チェロ組曲  第1番  作品72)
※諸事情により、下記の曲目が変更となりました。

J・S・バッハ:無伴奏ヴィオラ組曲 第1番 ト長調
(原曲:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007)

J・S・バッハ:無伴奏ヴィオラ・パルティータ  第1番  ホ短調  BWV1002
(原曲:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ  第1番  ロ短調  BWV1002)

ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

 

座席
  • 指定席
料金

料金 一般 ¥2,000 → 友の会価格 ¥1,800

学生 ¥1,000(限定数・電話予約可・当ホールのみのお取扱い)

*ドリンク・お菓子のサービスつき*

 


通し券をお求めの際は、友の会にご入会いただくと大変お得です!

ティータイムコンサート お得な♪ 通し券【 全7公演 】
一般価格¥21,000 ⇒ 友の会価格¥18,000(会員お一人様2席まで)
参考 : 一般価格 7 公演合計 ¥23,500


 

協賛 鹿島建設(株)
協力 モロゾフ株式会社
助成 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

ウェンティン・カンこっちウェンティン・カン(ヴィオラ)
中国生まれ。6歳でヴァイオリンを始め、北京中央音楽院在学中の15歳でヴィオラへ転向。2012年に「第2回 東京国際ヴィオラコンクール」で優勝。このほか第5回アウグスト・ドムブロフスキ国際コンクール、第1回中国ヴィオラ国内音楽祭コンクール、第17回ヨハネス・ブラームス国際ヴィオラコンクール、第13回プリムローズ国際ヴィオラコンクールなど数々のコンクールでの受賞経歴がある。2012年以降はカーネギーホール、ボストンのジョーダンホール、ガードナー美術館など世界各地で公演を行い、最近行われたアメリカ・ツアーでは恩師キム・カシュカシアンと共演した。またマルボロ音楽祭では、今井信子、ポール・カッツ、マーシー・ローゼンらと共演している。ニューイングランド音楽院で、ガース・ノックス、キム・カシュカシアンに、クロンベルク・アカデミーで今井信子に師事。現在、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団メンバー。