当日券は18:00より販売いたします。(一般券のみ。学生券は完売いたしました)

 

公演終了

主催公演

Kansai Soloists & Ensembles

パーカッション・トゥデイ
<中村功と仲間たち vol.5>
「だんじり、サンバ、宮川彬良」

2015 7/31()

19:00開演

中村功2015

大阪でだんじり囃子、東京でサンバやミュージカル。
「世界のナカムラ」の、原点を聴く。シリーズ最終。

現代音楽シーンに欠かせない世界的名手・中村功プロデュースの打楽器プロジェクト。最終回は、彼の音楽ルーツを豪華メンバーとたどる。幼少期、母の背中で聴き、リズムに〝開眼〟した阿倍王子神社の祭り囃子。東京藝大在学中に教わり、衝撃を受けたブラジルの民族音楽サンバ。アカデミックな理論とアメリカンポップスを基盤に洗練されたサウンドを発表、中村と共演を重ねた東京藝大の後輩「アキラ」こと宮川彬良の、グルーヴな世界。贅沢な「祝祭サウンド」に、乞うご期待。

 

チラシを見る

出演

中村功(打楽器ほか)
阿倍王子神社(だんじり囃子)
マルゴリズム(サンバ)
宮川彬良(ピアノ/作曲)

曲目

▼宮川彬良:ピアノと打楽器のための新作世界初演
▼作詞作曲:ゼレ/イブライム(日本語詞:永武哲弥):エビの喧嘩
▼作詞作曲:ルイス・カルロス/シキーニョ(日本語詞:永武哲弥):どこで会えるの? ほか

座席
  • 指定席
料金

一般 ¥4,000 → 友の会価格 ¥3,600
 ※学生券は完売しました。

協賛 鹿島建設(株)
協力 阿倍野区王子地区だんじり委員会
ヤマハミュージックジャパン
助成 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
問い合わせ先 ザ・フェニックスホール チケットセンター
06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)
備考

出演者について

中村功2015中村功(なかむら・いさお/打楽器ほか)
ドイツを軸に活躍する、ヨーロッパで最も信頼と評価の高い打楽器奏者。1981年東京芸術大学、89年フライブルク国立音楽大学大学院とソリスト科卒業。86年ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会で、クラーニッヒ・シュタイナー音楽賞、92年度青山音楽賞特別賞、04年イシハラホール公演「三井の晩鐘」で第4回佐治敬三賞受賞。シュトックハウゼン、ケージといった著名作曲家や、ケルン放送響など各地の名門オーケストラと共演。また、ベルリン音楽週間、ザルツブルク音楽祭など数多くの音楽祭で招待演奏を重ねる。95年“Duo Konflikt”、06年“Isao Nakamura Ensemble”、10年“中村功と仲間たち”を結成。後進の指導にもあたっており、秋吉台国際現代音楽セミナー、ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会で常任講師歴任。92年よりカールスルーエ国立音楽大学教授。京都市立芸術大学客員教授。YAMAHAアーティスト。中村功HP

 

 

 

ダンジリ2阿倍王子神社(あべおうじじんじゃ/だんじり囃子) 
阿倍王子神社は大阪市の天王寺南にあり、仁徳天皇の創建と伝えられる。阿倍野の氏神、厄除開運の神として崇敬されている。古 代豪族・阿倍氏の創建とも言われ、陰陽師・安倍晴明の生誕伝承地として知られる。神社の最大の神事は夏祭氏子大祭。例年7月27日を宵宮、28日を本祭として行われ、中核をだんじり囃子(はやし)が担う。演奏には親太鼓・子太鼓・鉦(かね)を用いる。昭和28(1953)年、王子地区の谷智夫総代が能勢地方の壇尻囃子を基に創作、演奏した型が起源。現在は、阿倍王子神社氏子奉賛会王子地区総代の岡田昭夫委員長の指導下、王子地域活動協議会・王子連合振興町会が活動を運営。町内に住む子どもが、囃子方や曳子方(ひきこかた)として演奏する。威勢良い掛け声と鉦や太鼓の音が、疫病や厄災を祓(はら)う。

 

 

マルゴリズム3マルゴリズム(Malgorhythm/サンバ) 
1980年代、日本のサンバ界で中心的に活躍したミュージシャン達が2014年に再集結。「観客と一緒に歌い、楽しむライブ」をコンセプトに、日本語で歌えるサンバ、新感覚のオリジナル曲で展開中。全員が楽器を演奏しながらコーラスにも参加するスタイルはサンバの原点にも通じる。笑顔がはじけ、聴衆を巻き込む一体感あふれるライブで注目されている。中村功の東京芸術大学在学中からの仲間であり、中村は初回ライブから共演。メンバーは中村隆志(ギター)、細谷要輔・西尾純之介・永武哲弥・西木戸哲弥・西村誠(以上打楽器)、須山たつのり(ギター/カヴァキーニョ)、古川東秀(フルート/打楽器)。

 

 

宮川彬良(C)石黒宮川彬良(みやがわ・あきら/ピアノ・作曲) 
東京芸術大学在学中から劇団四季、東京ディズニーランドなどのショー音楽を担当。その後、数多くのミュージカルなどを手掛け、舞台音楽家として活躍。代表作に「ONE MAN’S DREAM」、「マツケンサンバⅡ」、「身毒丸」、「ザ・ヒットパレード」など。全国各地で演奏も行っており、自身で作曲、編曲、指揮、ピアノ演奏、解説も交え進める公演に定評がある。2003-10年NHK Eテレ「クインテット」、09-10年NHK-BS2「どれみふぁワンダーランド」、11-12年NHK BSプレミアム「宮川彬良のショータイム」などテレビでも活躍。12年からアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の音楽を手掛けている。