2015年01月19日 公演情報

2015年7月 主催・共催公演発売情報♪

友の会優先予約       :1月30日(金)
 
E-PHX優先予約       :2月 2日(月)
 
★ 一般発売                 :2月 3日(火)
 
インターネット予約      2月 4日(水) いずれも10:00受付開始


 

ザ・フェニックスホールチケットセンター
TEL 06-6363-7999
 
*2月 3日(火)までは電話予約のみの受付です。
*電話は混み合うことがございますので、ご了承ください。
 

 

 

      Kansai Soloists & Ensembles 18                                   

 

大阪でだんじり囃子、東京でサンバやミュージカル。「世界のナカムラ」の、原点を聴く。 

パーカッション・トゥデイ 中村功と仲間たち vol.5
「だんじり、サンバ、宮川彬良」

 

2015年7月31日(金) 19:00開演 指定席

 

一般価格 ¥4,000 → 友の会価格 ¥3,600
学生価格 ¥1,000(限定数・電話予約可・当ホールのみのお取り扱い)

 

 

 
 

 

出演  中村功(打楽器ほか)
      阿倍王子神社(だんじり囃子)
       マルゴリズム(サンバ)
       宮川彬良(ピアノ/作曲)
 

 

曲目  宮川彬良:ピアノと打楽器のための新作世界初演
        イブライン・ゼレー作曲、永武哲弥作詞:エビの喧嘩 ほか
 

協力:阿倍野区王子地区だんじり委員会

 

 

現代音楽シーンに欠かせない世界的名手・中村功プロデュースの打楽器プロジェクト。最終回は、彼の音楽ルーツを豪華メンバーとたどる。幼少期、母の背中で聴き、リズムに〝開眼〟した阿倍王子神社の祭り囃子。東京藝大在学中に教わり、衝撃を受けたブラジルの民族音楽サンバ。アカデミックな理論とアメリカンポップスを基盤に洗練されたサウンドを発表、中村と共演を重ねた同級生「アキラ」こと宮川彬良の、グルーヴな世界。贅沢な「祝祭サウンド」に、乞うご期待。
 

 

   フェニックス・エヴォリューション・シリーズ73                                                         

バロックから古典派へ
そして、その移行期に生まれた「奥様女中」

 

2015年7月4日(土) 16:30開演 自由席

 

一般前売 ¥3,500 → 友の会価格 ¥3,150   一般当日 ¥4,000 → 友の会価格 ¥3,600
学生前売 ¥2,5
00   学生当日 ¥3,000(限定数)

  

私達は、声そのものの技術的向上と音楽的充実を求め作品に向き合う、という極めて当たり前の、しかし、知らず知らず薄れてしまいやすい永遠のテーマに正面から取り組みたい、とする重松みかの考えに賛同しこのコンサートを企画しました。国内外で活躍する重松みかの日本人離れした歌唱力とシンプルでかつ歌い手を生かした舞台作り、端正な音楽性と存在感のある多彩な役作りには定評がある片桐直樹、美声で気品ある歌唱と豊かな音楽性で常に聴衆を魅了し続けている浅井順子に加え、それぞれの持ち味を持つ意欲的な若手達との響宴を試みます。今持てる力とセンスで創造する一期一会のコンサートで、「音楽」と「空間」をお客様と共有出来ますことを願っています。
 

 

出演 重松みか(メゾソプラノ)、浅井順子(ソプラノ)、小泉文(ソプラノ)
          オペラ配役/セルピーナ:藤井理紗(ソプラノ)、
          ウベルト:片桐直樹(バリトン)、ヴェスポーネ:竹内直紀(黙役)
          演出:重松みか、ピアノ伴奏:關口康祐

 

 

 

 

曲目 G・B・ペルゴレージ:幕間劇『奥様女中』全幕  (演出:重松みか)
    W・A・モーツァルト:オペラ『コジ ファン トゥッテ』より「私は黒髪の方を選ぶわ」
                  オペラ『ティートの慈悲』より「私は行きます」 
    G・F・ヘンデル:オペラ『ジュリアス・シーザー』より「我が運命を嘆くでしょう」
    A・スカルラッティ:陽はすでにガンジス川から、私は悩みに満ちて、菫(すみれ) ほか

 

 

一部ではバロック音楽の作曲家として名高いスカルラッティ、バッハ、ヘンデルの歌曲、カンタータ、オペラから選曲します。その後、モーツァルトのオペラブッファから二重唱と、没した年に書かれたオペラアリアで一部を締め括ります。二部ではペルゴレージの代表的な作品である「奥様女中」をシンプルな家具、小道具と衣装を用い上演致します。モーツァルトのオペラブッファに引き継がれていったとされるペルゴレージの「奥様女中」は、丁度バロックの時代から古典派への過渡期に作曲されました。スカルラッティはナポリ派の始祖といわれ、古典派に分類されるペルゴレージもスカルラッティの伝統を引き継いだ名高いナポリ派のオペラ作曲家です。一部では緻密な音楽作り、二部ではアイデア溢れるドラマ作りでお楽しみ頂きたいと思います。

 
お問合わせ/SUDIO M’s事務局 
         090-9871-4961
         E-mail
ayakoizu@gmail.com

 フェニックス・エヴォリューション・シリーズは、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の芸術文化支援活動の一つです。同社が運営するあいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール(大阪・梅田)での公演企画を公募、審査で選ばれた方にホールと付帯設備を無料で貸与致します。次回公募は2015年3月以降の予定です。


 

 

 ※都合により出演者・曲目などが変更になることがございます。あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

 

チケットのお問合せ・お申し込みは

ザ・フェニックスホールチケットセンター
TEL 06-6363-7999
(土・日・祝日を除く平日の10時~17時)

チケットに関するお問い合わせ
ザ・フェニックスホール
チケットセンター

TEL:06-6363-7999 営業時間/10:00~17:00 休業日/土・日・祝日・年末年始
〒530-0047 大阪市北区西天満4-15-10
あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー 5階